売れ筋商品からどんなアイテムが選ばれるのかを探っていきます。

オシャレに目覚める

同世代では男の子に比べて、女の子の方が精神年齢が高いといわれています。小学校の入学を控える子供にとっても、そうした傾向は見られます。オシャレに対する興味も女の子の方が早く積極的に出てくるといえるでしょう。小学校入学という一大イベントでは、ランドセル選びが重要になってきますが、女の子は男の子よりも選り好みをするはずです。子供の意見は尊重しつつも、保護者である大人の意見やアドバイスを子供に受け入れてもらいながら、一緒に最高のランドセルを選んでいくのが理想的です。

女子ウケするカバンとは

ランドセル

デザイン性

ランドセルのカバンとしての形は、昔から大きく変化はしていません。もともとは軍事用目的で使用されていたカバンのため、丈夫で、機能性が高いデザインとなっています。背中に担いで使用するリュックスタイルで、カバンのふたは長く、金具で留めることができます。また以前はカラーは赤と黒が主流で、赤は女の子、黒は男の子が使用するということが一般的でした。今は、まずカラーバリエーションが豊富になっており、子供の個性を生かして好きなカラーを選ぶことが可能です。形としては、まだまだ縦型のモデルが定番ですが、デザインも比較的自由になっており、横型やキューブ型のアイテムも人気となっています。

クオリティー

以前は、牛革素材でできたランドセルが標準となっていましたが、最近では素材も多様化しています。軽くてメンテナンスが楽チンな人工皮革や、キャンバス地、また高級品で知られる馬の革を使ったものなど、ニーズに合わせてチョイスすることができるでしょう。いずれにせよ、ランドセルに求められる品質としては、丈夫な素材であることになります。耐久性があり、お手入れがしやすい素材のものが選ばれています。女の子は、男の子に比べて物の扱いが丁寧なことが多く、比較的ランドセルも長持ちしやすいといえます。しかし、ランドセルは雨風に耐えながら6年間を共に過ごすパートナーとなるため、やはり丈夫さが大きなポイントになるのです。

ディテールは

女の子に選ばれるランドセルの特徴としては、細かいディテールがオシャレなアイテムという点が挙げられます。女の子が好きなモチーフを刺繍していたり、さりげなくラメが入っていたり、キラキラしたデザインを組み込んでいるのです。モチーフとしてリボンがついているものや、留め具にチャームがついているものなど、凝ったアイテムも多数あります。カラーバリエーションも豊富なため、組み合わせ次第によってはオリジナル性の高いオシャレなランドセルとなるでしょう。しかし、飽きのこないようなデザインにとどめておくことが大切です。チャームやモチーフなどは交換や取り合外しが可能なタイプにすると長く愛用できるはずです。

華美すぎない

可愛いカラーとデザインを重視しすぎると、周りの生徒から浮いてしまう可能性もあります。入学する学校の校風や生徒の雰囲気なども事前にリサーチしておくことが重要です。学校によっては、持ち物について厳しく条件を提示しているところもあります。ランドセルは決して安い買い物ではありません。せっかく購入して、実際に使うことが難しくなってしまうことだけは避けたいはずです。子供の希望と保護者の意見と、学校の環境などさまざまなことをバランスよく考慮して選定していくようにしていきましょう。もし迷ったら、華美ではないシンプルなタイプを選ぶことが無難で失敗が少ないといえます。

コストパフォーマンス

ランドセルは価格もメーカーによって異なりますが、一般的な相場としては、5万円から6万円が目安となります。一見高額にも思える金額ですが、6年間使うことを考えれば、コストパフォーマンスは高いといえるでしょう。そのため、安易に値段の安さだけで選ぶのは避けた方がよいです。安かろう悪かろうということもあります。6年間も持たずに、途中で買い直していくのであれば、結局高くなってしまいます。値段は高額であっても、長く使うことができる本物のランドセルを購入していく方がよいといえます。また、正規メーカーであれば保証も付いているなど、アフターケアも万全で安心できます。